学会3世の徒然日記

学会3世としてのことや、日常のあれこれを書いていきます。

沈黙

 

遠藤周作氏の「沈黙」を昨日読みました。

とても感想をうまくしゃべれるような作品ではありませんし、私には江戸時代やキリスト教に対する詳しい知識があるわけではないので、感じたことをありのままに書いていこうと思います。

 

とても有名な作品なのであらすじはあえて書きません。この作品に関してはまず映画を観るか、原作を是非読んで頂きたいと思っております。

 この作品ではキリスト教の司祭が日本国で信者の殉教を目の当たりにしたり、自らも幕府の役人に捕えられる中で、神の存在や信仰そのものを疑っていきます。

「なぜこれほどまでに信仰心を持つ者が苦しんでいるのに、あなた(イエス)は黙されるのか」と…。

 

この作品、どこを読んでもグッとくるというか、しんどいんですね。キリシタンに対して救いがなさすぎる。だけど、もしかしたらそれでよかったのかな、なんて気持ちも出てきたりします。

作中当時幕府はキリシタンを炙り出すため踏絵を踏ませていましたよね。信仰心の篤い人間ほど踏むことが出来ず悲惨な末路を辿っています。所謂殉教というものですね。でもこの当時の日本でキリシタンとなり神を信じなければやっていけないということは即ち、それだけ生活が苦しかったことの表れなんだと思うんです。既存の仏教だけでは受け止めきれず、又なんの効果もなかったから海を渡ってきたキリスト教に助けを求めた。そう考えると信仰のために殉教できた人間は、現世では「美しい殉教者」として信徒の心に残りますし、作中でロドリゴ司祭が危惧していたように日本人特有の「死後の世界=ぱらいそ」に行き、現世の劣悪な生活から解放されると本気で信じていた…。

こう考えると、確かに拷問など酷い仕打ちにあっていますがそれは「ぱらいそ」を信じているからこそ。彼らにとっては幸福への確実な道のりであったのかもしれません、

 

ではキチジローはどうでしょう。彼も隠れキリシタンであるにも関わらず何度も棄教し、果てはロドリゴ司祭をも役人に売った上でそのことを懺悔しようとする、表面上は所謂「どうしようもない人」として描かれています。どんな宗教を信じていたとしても、その教えを裏切りながらも何かあれば泣きついてくるような人間を、真っ当な信者ならどう見るでしょうか。恐らく調子のいい奴とか、弱い人間とか、そんな表現をするのではないでしょうか。

しかし作中でキチジローはこう語っています。

 

じゃが、俺にゃあ言い分があっと。踏絵ば踏んだ者には、踏んだ者の言い分があっと。踏絵をば俺が悦んで踏んだとでも思っとっとか。踏んだこの足は痛か。痛かよオ。俺を弱か者に生れさせおきながら、強か者の真似ばせろとデウスさまは仰せ出される。それは無理無法と言うもんじゃい

新潮文庫『沈黙』P178~P179

 

この言葉がキチジローの自己弁護の言葉だった可能性は大きいかもしれません。しかし、100%嘘だと誰が言い切れるでしょうか。もし本当にキチジローが信仰に重きを置いていなかったとすると、最後までロドリゴ司祭を求めて付いてくるのかどうか私には甚だ疑問です。

もしキチジローが何度も踏絵に応じたにも関わらず、信仰を捨てることができなかったとしたら、キチジローは自らの死後に絶望したことでしょう。何度も棄教し、司祭まで裏切った自分がぱらいそに行くことなど到底かなわぬ夢だと。確かに役人からも放免とされ、心身は追いつめられることなどないでしょう。しかし、今後の人生を晴れやかに生きることなど、キチジローにはできないような気がしてなりません。

 

 また内心の話でいえば物語の終盤、ロドリゴ司祭が信徒の穴吊り(逆さ吊りの拷問)か自らの棄教かを迫られる描写があります。この時目前に置かれた、摩耗して顔のないキリストの踏絵が彼に語りかけます。

 

(踏むがいい。お前の足は今、痛いだろう。今日まで私の顔を踏んだ人間たちと同じように痛むだろう。だがその足の痛さだけでもう充分だ。私はお前たちのその痛さと苦しみをわかちあう。そのために私はいるのだから

新潮文庫『沈黙』P294

 

もちろんこの声はロドリゴにしか聞こえていませんし、本当に踏絵が喋ったわけではありません。しかしここで初めてロドリゴはキリストが沈黙を貫いていたのではなく、いつも自分たちと苦しみを分かち合っていたこと、それがキリストの本当に教えたかった「愛の形」だったことに気付かされます。憐みの上に教えを説くのではなく、共に苦しむことこそが、自分の信仰を捨て犠牲になっても信徒を守ることこそが、教える側である司祭にできることなのだと。

このストーリーもロドリゴが自らを自己弁護するための話かもしれません。事実、ロドリゴを追いつめた筑後守は対面した折に「そのような話は自己弁護の言葉に過ぎないのではないか」とロドリゴを指摘します。しかしロドリゴは何も言い返しませんでした。言い返したところで自分が見たもの聞いたことは自分にしか理解の出来ないものであり、心の内側はどれだけ表現しても信じてもらえるわけではないからです。

立場は違えど、外部には信じてもらえなくとも内心の信仰心を捨てたわけではないという点でロドリゴとキチジローはとても似通っていると私は感じました。(他の方の感想ではこういった登場人物と実際の聖書の人物をリンクさせて考察しているものもあるので、目を通してみるのもいいかもしれません)

 

 表面上の行動と、信仰心が必ずしもリンクしないという事態は往々にしてあり得るのかもしれません。特に憲法によって宗教の自由が謳われている現代において、自らの信仰を他者に暴かれ、ましてや改宗させられるなんてことはあり得ないわけで、行動と信仰心の不一致は以前よりもその差を広げつつあるのかもしれませんね。正しい信仰を貫いているかどうかは、何をしたかではなく、なぜそのようなことをしたのかという意味づけの部分にこそ現れるのかなと、私は考えています。

まだまだ書きたいことはありますが、長くなりそうなのでこの辺で失礼いたします。

ここまで読んで頂きありがとうございます。