読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学会3世の徒然日記

学会3世としてのことや、日常のあれこれを書いていきます。

優先順位

 

最近新しい趣味を発見した「のら」です。あまり詳しいことは書きませんが、昔流行っていたものも時を空けて再び触れてみると新鮮味があって面白いものですね。何事も敬遠せずにまずは触れてみて、それから自分に合うかどうかを判断した方が得だと実感した次第です。

 

さて、創価学会では「女子部ロマン総会」というものを各地で開催するようです。役職持ちの彼女も当然参加することになったようですが、その準備やらなんやらで今月来月辺りは忙しいということは前々から聞いていました。もともと頻繁に会う機会を作ることができないため、月に1、2度のチャンスはかなり大きい!!

なのでなるべく拾い忘れの無いように日程をさらっていきます。私の方が融通の利く暮らしをしているので大抵は私が相手の予定に合せる形になりますが、それ自体に不満を持ったことは一度もありません。お互いに負担が無いように気遣いながら会えればいいと、私は考えています。

今回もそう思っていたので相手の指定した日程から、こちらの予定の合う日を選択して伝えました。恐らく贔屓目に見れば、その連絡を送った時間が遅かったこともあり地元の組織からの連絡と被ってしまったという事情があったのかもしれません。次の日に彼女から連絡がありました。

「会う日を変えられないか」と。

彼女曰く“どうしても外せない会合が入った”とのことでした。元来短気な私ですが、彼女や親しい相手には滅多なことでは怒りません。今回も怒りませんでした。それよりも寂しかった、と言う方が大きかったかもしれません。

お互い一人の時間を満喫するタイプの人間なので、そういった時間も尊重するためにあまり相手に干渉しすぎないよう心がけてきました。ですから会えない日の過ごし方を詮索するような無粋な真似はしません。また仕事の都合や家庭の事情など予定していた日程を変更しなければならない出来事もあるでしょう。そういった場合もそちらを優先しなければならないということも理解しているつもりです。彼女にとっては「学会の外せない会合」というものも同じような扱いなのでしょう。しかし私は、私よりも学会の用事を優先させたように見えてしまい、とても悲しくなりました。

一口に「学会の用事」と言っても色々なものがあり、どうしても外せないものがあるというのは仕方がないと理解はしているつもりでしたが、ここまでショックを受けるとは。そっちの予定を優先した相手に悲しくもなりましたが、何より腹が立ったのは、「人に言っておいて自分がやらないというのは示しがつかない」という使命感の強い人間だとわかった上で複数の役職を背負わせる組織のやり方です。

今、創価学会は人材不足です。これは火を見るより明らかです。そして現場は一人が複数役職を背負いながらなんとか回しているという所が多いのが現状。こういった運営状況は創価学会に、今の組織規模はもう限界だ、と言っているようなものです。運営が行き詰った時に気付いても、傷付くのは末端会員だけです。いや、そのことに気付きすらしないかもしれない。まさに「知らぬが仏」という状態でしょうか。そうなったときに彼女がどうなるのか、今はまだ考えられません。